Python を使う

マニュアル


手引き


使い方


Python のコードを動かすにはどうしたら良いかを紹介します。
後に紹介する「IPython Notebook(あいぱいそん のーとぶっく)」という方法が便利なので、基本的にはその方法で作業していくことになります。

基本的な使い方

この方法は使うことがないので、Mac環境での例に留めます。
  1. 「ターミナル」を起動します。
  2. 「cd (フォルダ名)」などのコマンドを使い、作業用のフォルダ(後述の Python ファイルが保存してあるフォルダ)に移動します。
  3. 「python2.7」と入力するとPython 2.7 が起動します。
    • 補足:Python には「2系」と「3系」の2種類があります。
    • 両者は細かな部分で異なっています。
    • 尾山ゼミで学習するのは2系ですが、Anaconda をインストールすると両方インストールされるので、単に「python」とだけ打ち込むと3系が起動してしまいます。
  4. Python 2.7 が起動したら、Python のコードを一行ずつ書き込んでいきます。
    • 複数行をまとめてペーストすることはできません。
  5. また、「python2.7 (ファイル名)」と打つことで、あらかじめ作ったファイルを動かすことも出来ます。
    • miなどのテキストエディタを使って、Python ファイル(拡張子は.py)を作成できます。
  6. Python実行中に「quit()」と入れればもとのターミナルに戻ります

  • 最終更新:2015-04-27 18:24:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード