LaTeX のインストール

(2014年4月30日に行われたインストール会の要旨)
"LaTeX"(数式などをキレイに表示できる組版処理システムです)のインストールを行います。
(注)『LATEX2ε 美文書作成入門』(技術評論社)を使うことを前提としています。

Windows 用

  1. 『LATEX2ε 美文書作成入門』(技術評論社)に付属しているインストール用DVD-ROMの内容をzipにしてUSBメモリに移したもの(許可はとってあるそうです)を尾山先生からお借りし、自分のコンピュータにコピーして解凍します。
    • 解凍ソフトによってはうまく解凍できなかったり、解凍後に文字化けしてインストールができなくなったりするようです("lhaplus"と"エクスプローラ"では無理でしたが、"cubeice"ではうまく解凍できました)。
    • 『LATEX2ε 美文書作成入門』(技術評論社)を買った人は付属のDVDから直接インストールした方が楽だと思います。
  2. 解凍先のフォルダの中にあるWindowsフォルダに進み、abtlinst.exeを開きます。あとはインストーラの指示に従ってください。途中で何回かチェックボックスが出てきて選択を迫られますが、初期設定のままで問題ないようです。
  3. インストールが終わったらTeXworks editorを起動し、検索するなどして出てきたTeXの文書(日本語が含まれていた方がいいです)をコピペし、適当な場所に保存します。左上にタイプセットのアイコン(緑色の再生ボタンのようなもの)があるので、そのすぐ右に"pLaTeX(ptex2pdf)"と書かれていることを確認し、アイコンを押します。
    • "pLaTeX(ptex2pdf)"と書かれていない場合、文字が書かれている部分をクリックして"pLaTeX(ptex2pdf)"がないか探してみてください。ない場合はどうもインストールの時点で失敗しているようですが、まだ直す方法がよくわかっていません。
  4. PDFファイルが出力され、日本語の文字が見えていたら成功です。



Tex

  1. 「Gihyo_bibun6dvd.zip」を参照。
  2. 展開すると「LaTeX2e美文書作成入門第6版」の中にある「Mac」フォルダ内の美文書TeXインストーラを起動。設定は初期のままでOK。
  3. 使い方。TeXShop起動。残り2つTeXworkとTeX2ingはあまり使わないので無視してよし。サンプルを適当に打ち込んでみる。(Googleから勝手にとってきてみた)右上のように本文をコピペしてタイプセットをクリックすると右下のように文章が書かれたPDFが出力される。
ipython_sample2.jpg

  • 最終更新:2014-11-17 14:51:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード